スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月9日 水曜日 『「目的」と「ビジョン」のチェック♪』

Category : 今日の 「こころ☆スキルアップ」 収納庫
昨日の続きです。
『「目的」と「ビジョン」の設定』の続編。

読者さまからのリクエスト
「自分を上手く表現するスキル」
のプロセスです。

読者さまから、目的とビジョンを教えていただきました。
たくさんたくさん挙げていただきました。
すごいです♪♪
ありがとうございました☆
実際書いてみることで、気づいたこともあったようです。


今日は、目的とビジョンを少しチェックしてみましょう。

ポイントは2つ
(1)否定形を使わない
(2)ビジョンは「体験」「感情」の言葉を入れる

<注:下記に挙げた例は、今回の読者さまのものではありません>
(1)について、陥りがちなのは
「自分のことをダメだと思わなくなる」
というような設定です。

実は、私たちの意識は「否定形」を理解しません。
だから、この文章については、意識の上では
「自分をダメと思おう」
になってしまうんです(驚!)

自分をダメだと思いたくない
自分をダメだと思いたくない

と願いながら、深層では

自分をダメと思おう!
自分をダメと思おう!

という設定なんですね(驚!驚!)


(2)はとても大切なところです。
例えば「友達がたくさんできる」
「周りの人が自分を尊敬するようになる」
というようなビジョン。

これには、自分の「体験」「感情」の言葉が入っていません。
少しゆっくりと想像してみてください。
ビジョンの自分になれば、
一体何を感じ、どんな体験をしているのか。
「自信に満ち溢れている」
「大きな歓びを感じている」
「信頼関係で結ばれ、安心感に包まれている」
などなど・・・
ビジョンを設定しただけで、
ありありと体験できるような言葉にしてください。


こんな感じでチェックして行くと、
自分の共通項に気づくかも知れません。

目的やビジョンは自分の根幹にあるもの。
真実の設定に近づけば近づくほどシンプルになります。

1つ、もしくは2つにまとめられると思いますよ。

ぜひぜひ今日のワークもやってみてくださいね☆


今日もcocorotteにご訪問ありがとうございます。
ビジョンと目的のプロセスが壮大で
びっくりされるかも知れませんが、
ここをしっかり押さえていないと、
心理学がただの「机上の空論」になってしまうんですよね☆
私たちが心理学に振り回されるのではなく、
私たちが心理学を自分自身に役立てるんです☆
それこそ『心のスキル』ですよね☆☆

今週末は、cocorotte満載♪♪
11月12日(土)
『実践心理学講座』→「カウンセリング入門!」
11月13日(日)
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
ぜひ体験しにいらしてください☆
関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。