スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年5月30日 水曜日 『性別にしばられるのに疲れたら♪』

Category : 今日の 「こころ☆スキルアップ」 収納庫
今日は、あえて性別のみのお話を♪

私達夫婦は、FtMとバイセクシュアル女性のカップルです。

夫は、女性として生まれましたが、
性同一性障害と診断されました。

片や私は、
自称レズビアンだ、レズビアンだと言っていましたが、
夫と恋愛関係になって
あわてて「バイセクシュアル」だと言い直しました(笑)

で、2人はカナダで同性婚をしたわけですが、
「同性婚」という言葉も、違和感を持っている私達(笑)

まぁ、どこに行っても、
どっちつかずな感じなのです。

性別から話を始めると、
どこにも行けない私達。

でも、性別の不便さがあったからこそ
結びついた私達。

私たちの日常は、
とことん性別にしばられ、
でも、しばられた性別を超えて考えて行く。

2人でセクシャリティの海を旅している。

そんな感覚です♪

関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

Comment

baby cruising love

性別はいつもは気にしてなくてもやっぱり大きくて。
だからこそ、この細腕では大好きな人を守れないと思ってしまう。
私が守り続けるとかじゃなくて、一緒に航海をしたいけど、あの子がおぼれそうになった時、浮き輪をちゃんと差し出すことは出来るのだろうかと。

だからと言って“男に生まれればよかった”なんて短絡的なことでもない。

悩むことも多いけど、女の子に生まれてあの子を好きになったことは、やっぱり幸せだなって思うのです。

No title

雛。さん♪
コメント、ありがとうございます。

雛。さんのコメントに、
うんうん♪うんうん♪
と大きくうなずいていました。

人を好きになったときに、
答えのない世界にいることに
大きく感謝しますね。
非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。