スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劣等感」と「アウェイ感」について♪

Category : ココロの中を言葉で表現してみる
私はとても劣等感を感じやすいタイプだと思っていました。

人と比べて、自分は正しいか間違いか
自分は上か下か。

でも、最近何となく、
同じような感情は感じるものの
その「劣等感」という言葉に少し違和感を感じるようになりました。

******

私は小さいころから、何かに取りつかれたかのように(笑)
何かを探し求めて来ましたが、
たぶん、自分を表現するすべを探していたのかも知れません。

もう少し詳しく言うと、
自分が自分でも「生きて行きたい」と思えるような
自分の真実を表現するすべを探していたのだなぁと。


私が精力的に続けている活動を
「素晴らしいです」
「社会貢献ですね」
と評価してくださる方は沢山いるけれど、
そのたびに、穴を掘って奥深くに隠れてしまいたい気持ちになります。

私は、ただ、自分の生きて行くすべを探し求めているだけ。
自分のためだけに、動き回っているのですから。

******

この取りつかれたような行動は
ただ「劣等感」を解消して、真実の表現を見つけたいからなのか。

先日そうではないと気づいたのですね。

ぴったりな表現を見つけたのです。

それは
「アウェイ感」(笑)(笑)

あぁ、「アウェイ感」だったんだと気づいた時に、
闇雲に探し求める気持ちが落ち着きました。

「劣等感」が「アウェイ感」に置き換わるだけで、この落着き。


あぁ、そうか。

「劣等感」の時は、自分を攻撃しまくっているので、それでクタクタになっていました。
生きる気力もなくなりますよね。

「アウェイ感」になると、自分のアウェイの詳細を追求したくなるし、
自分の内が引っ張られるように、別のアウェイと出会って行く。

寂しがりなので、独りでいるとヤサグれますが(笑)


人に解決してもらいたいから、人を求めるのか。
人に惹かれるから、人を求めるのか。

この私の内の転換は、ものすごく大きな力を与えてくれました。


「アウェイ感」という言葉をくださった、Iさんに感謝します。

また、Iさんを探しあてた、自分のアウェイアンテナも褒めてあげよう♪

******

なぜか、トランスジェンダーやGIDの方々とご縁があり、
その方々と集う自分にとても不思議な感じがしていました。

なぜ、私はここにいるのだろう、と。
しかも、い続けるのだろう、と。

ジュエルっ子と結婚して、GIDの妻になったから?
じゃあ、ジュエルっ子と別れたら、私はここから去るのだろうか。

それは私の内が「NO!」という答えを出していました。


今回このアウェイ感の考察の際にわかりました。

ただ、自分の内が引っ張られるところにいるだけだ。
私の内の意思によって。


そう気づくと、ほのほのほのと、幸福感がわいて来るのでした。

そして、出会えた歓びと、一時お別れする際の寂しさのために、
一緒にぴょんぴょんしてしまうのです。
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。