スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市・大阪府「週末里親制度」→

Category : セクシャルマイノリティ・ファミリー
P1000012.jpg


里親制度の中に「週末里親」があることを知ったのはいつだったか・・・

『週末里親ってなぁに?』

条件を何度読み返しても
「日本で婚姻していること」
とか
「両親揃っていること」
とかがない。
単身者でも前例があるということも。

ひょっとして私たちでも・・・という期待が高まって来ました。



私たち夫婦がいて、

でも、
世の中には、家庭生活を味わいたいと思っても実現できない子どもがいる。

・・・としたら、

「私たちの家庭においでーー
 一緒にごはんを食べようよ♪」

と、思ってもいいよね?

それが子どもにとっても幸せな体験になるんじゃないか
って思ってもいいよね?



うちの食卓に、時々子どもが1人~2人加わる。

私たちにとっても、きっととても楽しい体験です。

子どもの存在は、きっと
私やジュエルっ子にもとてもいい影響を与えると思います。

ジュエルっ子のごはんやスイーツを食べて
私の愛情もたっぷり浴びて(え?迷惑?)
そして、社会に出て行って欲しい。

いつも、
「あなたに出会えるのを待っていた。
 あなたの存在が、私たちの力になっているのよ」
と、伝えてあげたい。

もし、それが、本当に子どものためになるならば、そうしたい。
自然にそう思うようになって来たのです。




ちょうど先週、近所で里親制度のセミナーを受講することができたので
その後、家庭養護促進協会に電話でこちらの事情を話し・・・

「やってみたいと思われるなら、一度事務所へ来てください」
というお言葉をいただき、
ジュエルっ子に簡単な説明だけして(かわいそうや)連れて行きました。


主に、
・なぜ週末里親をやってみたいと思ったか
・カナダ婚のことと結婚年数や2人の関係について
・GIDについて、今の状況と、子供の頃から感じていたことなど
・家族や周りの人たちとの関係
 (援助や助言をもらえるか。良好な関係を築いているかなど)
・今後のGID治療の見通し
・週末里親が実現したとして、こどもにはGIDのことをどのように伝えたいか


私たちが週末里親を希望して、
もし、うちの家庭とマッチングする子どもが現れても、
後は、児童養護施設の先生方の判断となるので、
うちのような家庭を良しとするか不可とするかは・・・

協会の方にも未知の世界だということでした。

週末里親に関しては、
GID夫婦が申し出をするのは初めてとのことですので。
(戸籍変更をした上での「養子里親」は例があるとのこと)


帰途、ジュエルっ子におそるおそると聞いてみた。
(ほぼ、いきなり、無理矢理連れて行ったので)

「ど、ど、ど、どうかな・・・?」

「うん、希望しておけばいいんじゃない。
 もし、うちに来てくれる子がいれば、迎えよう」

おおっ!!!

意外と(?)肝が据わっているジュエルっ子。



「ちゃんと、生きて行かないとね」
は、私の言葉。

生まれて初めて、本気で、心の底から、ドシンと、思ったかもしれない。


同時に、
今までほぼ「私の所有物」だったジュエルっ子を(おい)
一人の人間として敬意を持たなくてはいけない。
と、腑に落ちた。


子どもは、まだ私たちの手元にいないのに、
もう、私たちが成長させてもらっている。


こういうことも、もし子どもに出会えたら、
おいおい話してあげよう。
関連記事

テーマ : 家族
ジャンル : 結婚・家庭生活

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。