スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の中の言葉の置き場所を作ろう→

Category : ココロの中を言葉で表現してみる
今回のカウンセリング(受ける方)は、
私の不安障害がどこから来ているのかを探ってみました。

今までは、起きている事のみに焦点を合わせていましたが、
(たとえば、電車でパニックになったとか、閉所で冷や汗が噴き出たとか)
焦点を合わせるところはそこではなく、

自分の中に言葉がたまり過ぎていて
たくさんの言葉を積み上げたまま前に進んで
結果、神経が過敏になったのではないかと。

その、ためた言葉というのは
表現すると、「微妙~」な影響を与えるもの。

微妙~に危険だったり
微妙~に誤解を生んだり
微妙~に関係性が壊れる可能性があったり・・・


そう言われてみれば、、、と思い当たることが多々あり。

小さい頃から、そこに神経を使っていた覚えがある。


例えば・・・

母に浮気の兆しを感じて、
不安に感じた私は、
父に助けて欲しかった。
不安を解消して欲しかった。

でも、そのことは、もちろん父には言えない。

もっともっともっと
鈍感でバカな子どもだったら、
父に
「お母ちゃんが、知らないおじちゃんと一緒にいて、
 私も連れまわされてイヤなの」
と言えただろうに。

いや、その方が、
きっと何らかの解決も早かっただろうに・・・

******

殺気を覚えるほど、父と母のことを思い出した私ですが(笑)
もちろん、現在も色々過敏に感じて、(父と母のこと以外で)
あからさまに言えないことを山積みにしています。

「センセ、じゃあ、私の言葉の置き場はどこにすれば・・・」

「ココ、この時間、でいいんじゃないですか」

と、「カウンセリングルーム」(今、ここ)を指してくださった。


私がこのカウンセリングを選択したのは、
本当に自分のために良かったのだと、
自信を持てた瞬間でした。


関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。