スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『霜田誠二パフォーマス・アート・ワークショップ in 大阪』 1日目・アブラモヴィッチにビンビン来る

Category : 趣味等についての感情

趣味と言うには、私の人生の重要な部分を占め過ぎていて
仕事と言うには、自己満足の域に偏り過ぎている
             椎奈アキ(哲学者(嘘))



待ちに待ったパフォーマンス・アート・ワークショップの日。

始めにMarina Abramović(マリーナ・アブラモヴィッチ)の
2010年MOMAでの展覧会「The Artist is Present」パフォーマンス映像を観る。

ウィキペディアでは
『特に、自身の肉体に暴力を加える過激なパフォーマンスで世界的に知られる。』
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81
だそうですね。

この説明文から入っていたら、パフォーマンス・アート初心者の私は拒否反応を起こしていたかも(笑)


「The Artist is Present」の、観客と目と目を見つめ合うパフォーマンスを観た時に、
なぜ私がここにたどり着いたのか、
なぜパフォーマンス・アートに出会ったのか、
瞬間的に理解したのです。

心にドシンと衝撃が走りました。


目と目を見つめ合うワークは
ビジョン心理学の「ジョイニングセッション」で何度となくやっていましたから
この10年間のプロセスさえも全て飲み込んで、
その意味合いを理解できたのです。


心のバリアフリー

え?え?え?え?

世界平和

ええー?ええええーーーーーー!!!???


あんなに遠かった言葉が私に降り注ぐ。

そうなのですか?

やはりそうなのですか?

そこなのですか??



さらにウィキペディアのアブラモヴィッチの説明では
『自己の身体を表現手段にし、時に自身の生理学的限界を超えようとする手法をとる。』
とも。


常に生理的なことで、限界点の低さに絶望を感じている私。


あぁ、何だか。
あぁ、何だか。

鍵が見つかったような気がする。


前回9月の私自身のパフォーマンスは
鬱屈した自分を解放したい願いから表現していたと思う。

それはそれでとても良かった。


でも、今回アブラモヴィッチを知ってからは、
自分自身がすぅっと落ち着いて、
自分の核が明らかになってきたような気がするのです。


本当の自分の想いとは?
本当に表現したいことは?


この探究心を持って、2日目に出かけたいと思います。



いやー、何と言っても、
みんなと食べるお昼ご飯も夜ごはんも美味しくってね♪♪♪
(↑無関係)

関連記事

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。