スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンナゴコロ♪

Category : ココロの中を言葉で表現してみる
オンナゴコロについて力説したことがあって・・・(笑)

その内容は♪


ちょうどお昼時で、
数名の方とお揃いの仕出し弁当を食べていた時のこと。

みんなで何となく恋愛話になった(笑)


私が問いかける。

「このお弁当を好きな人と一緒に食べていたとする。
 そうしたらどんな会話をする?」

「ええっ!?(笑)」
とみんな。
(ワクワク♪)


私はそのお弁当の中に(何の変哲もない普通の)パセリを見つけ
パセリをみんなに見せて
「私なら・・・・」
と切り出し

「ねぇ、パセリだねぇ~♪ って話す」
と。

男性陣はびっくりして
「パセリだけど、それが何?」
と。

私は
「ちっ、ちっ、ちっ
 その時の相づちは
 『パセリだよね~♪』なのよ」


一同ガクゼン!(笑)


男性が大きな声で言う。

「そうなんだよ!
 今までの彼女ってそういうワケわかんないこと言うんだよ。
 『それがどうかした?』っていうことを!
 それをそのまま彼女に言うと怒り出すんだよ、参っちゃうよ」


私は続けた。

「『パセリだねぇ~♪』の中に何が含まれているか分かる?
 
 『あなたと一緒に食べてるお弁当の中に、
  青々としたキレイなパセリが入っているわ♪
  この偶然ってステキね。
  お弁当もパセリも私達を祝福してくれているのね。
  やっぱり私とあなたは運命のカップルなのね
  私、このパセリをあなたと眺める事ができてシアワセ♪』
  
  これだけの意味が含まれているの」


男性、さらにガクゼン♪
女性陣から爆笑が起こる。

私はさらに続けた。

「だから
 『パセリだねぇ~♪』って言って
 『それが何?』って言われちゃうと、
 愛されてないって感じるのよ
 拒絶された感じがするの
 2人の未来を否定された感じね。
 絶望感になるの。

 『そうだね、パセリだねぇ~』
 って言ってくれるだけで幸せなの。
 愛されてるって実感するの。
 受け入れられてると感じるの。
 2人の未来が明るいと感じるの。
 ま、私の場合だけどね(笑)」


男性うめく
「あ、、あ、、、ありえへん・・・(滝汗)」


(笑)(笑)(笑)



女性を幸せにする会話テクニック。
それは

『ただのオウム返し』

(ただし『愛』を持ってのね♪)

私だけ?(笑)
関連記事

Comment

そういうものなのか・・・

べ、べんきょうになりましたm(__)m

へぇぇぇぇえ~
でもやっぱり分からん…
僕も「で?だから何??」と返すでしょうね。
そして、怒られるともうパニック!!
思い返せば何度もそういうのありました…
で、訳が分からず面倒臭いと思ってしまう…
複雑過ぎですよ。
オンナゴコロっていったい何なんでしょうね。

heartさん♪
そそそ。
決してアドバイスなどしてはいけません。
オウム返しです(笑)(笑)


トモくん♪
わいわい♪
コメントありがとうね。
女性の感情に振り回されると面倒くさいよね。

女性の感情に振り回されるんじゃなく
共感するだけ。
すなわちオウム返し(笑)
今度たくさん教えてア・ゲ・ル(笑)(笑)

実は…
とてもよく分かります(笑)
オウム返しの重要性!
オンナゴコロを理解できてるかどうかは
自信ないけど、彼女がいつも笑っていられるように
考えてはいるつもり。
彼女が笑ってると自分も幸せだからねぇ。

yoshiさん♪

そそそ。
オウム返しの成功体験を積むと
女性なんて案外単純な生き物だって
実感しますよね(笑)

私もいたって単純な人間です。
あらyoshiさんのハニーも?
同じ匂いがするし(笑)

途中から、
ただオウム返しであしらわれてるだけだって気づいたとしても
でも、それでもいいのっ(笑)
それでもただ共感してくれるのは
すっごくシアワセですから♪
非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。