スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カナダ挙式の旅】 思わぬストレス

Category : バンクーバー挙式&新婚旅行
カナダは言うまでもなく全て英語。

この英語が、今回の私の思わぬストレスとなった。


スーパーに行ったとき、
「いくつ必要か」
「袋に入れるか」
「テイクアウトかどうか」
などなど細かく会話が発生するでしょう。

カフェに入っても同じ。

お食事をオーダーするときも同じ。


日常の何気ない細かい会話が
一番大変。


疲れた身体に慣れない英語。
それと初めて扱うカナダ$

日本では当たり前にやっていたことが
全くできない。


もちろんある程度、大変だろうなーと想像していたけれど
「コミュニケーションが取れない」ことに
こんなにストレスを感じるとは思っていなかった。


日本でいかにこまごまとしたコミュニケーションを
楽しんでいたかということを実感した。


ホテルや観光スポットでも、
場を楽しむということもあるけれど、
私の場合、言葉でのふれあいをとても楽しみたい人間だと気づいた。


英語を特に重要視していなかったことを
今更ながらとても悔しく思った。

***

さて、ジュエルっ子。
私よりも少し英語ができる。

でも、ストレスは私と同じだろうなーって思っていた。
しかも、ホテルのチェックインやお買いもの・カフェでのオーダーなど
全てやってくれていた。

私は表に出ず、引きこもっていたい気持ちになっていた。
私にとって英語は脅威になっていた。

やはり英語に四苦八苦しているジュエルっ子に
途中で聞いてみた。


ジュエルっ子にとって英語はどう?


「様々な文化とふれあえるもの」
と。


ほほーー

2人のとらえ方が全く異なる。

でも、
「英語はこれからの2人に必須」
ということで意見は一致。

新しい2人の課題を見つけた。

関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。