スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚するには?

Category : 日々のつぶやきを感情表現してみる
紀香ちゃんと陣内くんの離婚報道に
ショックを受けた私とジュエルっ子。

あんなに日本中から
祝福を受けたのに・・・(涙)

ちなみに、紀香ちゃんと陣内くんの年齢は、
ちょうど私とジュエルっ子と同じ。


もし・・・
もし、私たちが離婚するとしたら・・

まず、真ちゃん、ぴょんちゃんに土下座でお詫びする。

そしてカナダへ渡り、
あきさん・こんさんにも話をしないといけない。

面倒見のいい真ちゃん・ぴょんちゃんは
心配して一緒に来てくれるかも・・・

カナダで、あきさん・こんさんと久しぶりに会い
真ちゃん・ぴょんちゃんも揃ったので
「せっかくだから、みんなで観光を♪」
と6人で出かける♪

わーい!わーい!と遊び倒す。

ん・・?何しに来たんだっけ?

・・・離婚にならない・・(^^;
関連記事

Comment

No title

アキちゃんの妄想劇に吹き出し笑ってしまいました(笑)

そうよね もしも、もしも、もしもで別れ話なんて出たらみんなでカナダのあきさんご夫婦に会いに行きましょ♪
きっと楽しく話して、おいしい物いっぱい食べて観光して…あ~楽しかったね!と帰って来ることでしょう(笑)

今宵、23世紀までも♪♪

 紀香と陣内の離婚、私もショックでした。『結婚』という二文字は、ルンルン♪ですが。離婚は、離婚という事が。とても、当人たちは凄く、辛いと思うから。その気持ちを思うとショックでした。
 よく芸能人は、結婚も離婚もすぐだからね~!と聞きますが。私は、そうは思えなくて。芸能人だって人間だから。もちろん、あの世界で生きているのだから、相当なメンタル筋力があって。相当に打たれ強く、図太く、したたか(←話しがそれてる気も・・・^^;)
 ではあるでしょうが♪離婚や別れで、傷つかない人間なんていないから。いるとすれば、ロボットくらいです、心を持たない・・・。

 紀香と陣内は、リアルタイムで世代なだけにショックでした。

 アキさんとジュエルっ子さんが、もしも、もしも、もしも・・・のもしもで。別れ・・・とかなったら。私がさせません!!(ってか。私にそんな権限あるのか・・・^^;いつから、権限握ったのか。)
 まずは、SAKURA法律事務所にご相談を♪(いつ司法試験に受かったのか) SAKURA六法には、『婚姻した者は、離婚は不可』の条文あり♪♪

 とにもかくにも♪♪アキさんとジュエルっ子さんの愛の炎は消えません♪♪え~~♪ワタクシ、保障いたします!!
 
 宇宙がそう決めているのです!!アキさん&ジュエルっ子さんの愛の炎は、今宵23世紀までも永遠です!!!

 紀香と、陣内にもまた、新しい輝かしい未来が来ることを♪♪
 もう、あまり悲しいニュースがない事を♪
 セクシャルマイノリティのカップルさん、全てが♪♪今宵、ず~~~っと♪♪23世紀までも永遠に♪♪
 幸せであることを♪心から、愛を込めて(^0^)/

 祈っています♪♪♪

なるほど~

読んですごく大笑いしながら同時にルンルンしちゃいました。
私たちにも『離婚』の文字はないのですね!
やったー♪

アキさん、ぴょんさんに土下座をなぜかしに行こうと
思ってしまった私でした。
その時点で笑いに変わりそうです。

よろしくお願いいたします☆

離婚ネタなのに楽しい?(笑)

ぴょんちゃん♪
離婚より、食べること優先。
離婚より、遊ぶこと優先。
この法則で行けば大丈夫か(笑)

SAKURAちゃん♪
SAKURA法律事務所さま。
もちろん!
SAKURAちゃん六法を無視して離婚なんて
そんな大それたことはできません(笑)

SARAさん♪
そうです!
土下座をしに来られたその瞬間!
沢山のごちそうを食べさせられ
あちこちに連れまわされ
遊び倒してしまうのです。
関西ですから♪(←?)
非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。