スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝物をいっぱい詰めて♪

Category : 日々のつぶやきを感情表現してみる
09_7_14.png
友人の子供が1歳のお誕生日を迎えた。

ジュエルっ子と私は、バースデープレゼントを考えた。
お誕生日はとっくに過ぎたのに考え続けた(あかんやん)


ある日、ジュエルっ子がウキウキしながら帰宅した。
名案が浮かんだよう♪

「1歳だったら、リュックはどうかなぁ?
 車のおもちゃやぬいぐるみとか、
 「宝物」を詰め込みたい時期だと思うんだー♪」


「思うんだー♪」って何?

自分の1歳の時を思い出したかのように話すジュエルっ子(笑)


さて、子供グッズのお店でリュック物色。

アキ「リュック、意外と大きいよー。本当に背負えるの?早くない?」
ジュエルっ子「えー?1歳って大きいよー♪こんなものだよ。背負えるよー♪」


だってね、こないだまで、ハイハイだったんだよー?
歩いてなかったんだよー?
信じられない!


ちょうどリュックを置いてあるお店で、
両親が試しにお子さんに背負わせているところに遭遇。

ちょうどいい大きさで、背負ったお子さんは店内を走り回る。

ご両親に
「お子さん、おいくつですか?」
と聞いてみる。

「1歳半なんです♪」

ええっ!大きい!
こんなに走り回るのか!!??

こりゃイケるわ♪

確信を得た私達は、子供らしいカワイイデザインの水色のリュックを選んだ。

アキ「男の子用でいいかなぁ・・・(悩)」
ジュエルっ子「ま、まぁ、今は親本位でいいんじゃない?」
アキ「ジュエルっ子は1歳の時、どうだった?男の子用が欲しかった?」
ジュエルっ子「分かるか!(笑)」


後日、妻同士2人で昼間にお茶をした時にプレゼントを渡した。

「わ♪欲しかったのーーー♪♪♪」と友人♪

やったー!ジュエルっ子!!


現在車とぬいぐるみと絵本が好きらしい。

アキ「男の子・・・かな・・・?」
友人「うん、今のところそうみたいね♪」


水色のリュック、背負ってくれるかな♪
ジュエルっ子おじちゃんとアキおばちゃんに宝物見せてね♪

***

ふと18歳の時の私を思い出した。(約20年前)

当時私は、実家近くの子供服のお店で働いていた。

ある日、お母さんが一人でお店に来られ、
フリルが沢山付いたブラウスを手に取っていた。

お母さんは売り子の私に
「このお洋服、カワイイわぁ・・・(うっとり)
 うちの子男の子なんだけど、フリル着たらおかしいかなぁ・・・」

私は
「男の子にフリルはおかしいですね。
 そのブラウスは女の子用です。
 男の子のお洋服はあちらです。」
と言いきった。

お母さんは
「そう、、、そうよねぇ・・・」
と売場を離れて行かれた。


今思うと、ちょっと苦い・・・
 
関連記事

Comment

プレゼント選びって楽しいですよね☆
いろいろ悩んだりして大変だけど、私は選ぶのが大好きです。

でも、悩みすぎスパイラルにはまってしまうことも・・(^^;
そんなときは、あなたのことを思って選んでいるこの時間もプレゼントよ♪
なんて、勝手に自分を勇気付けてます(笑

いろんな世代のプレゼントを選ぶけど
私の中で一番難易度が高いのが
小学校高学年の男の子へのプレゼント。。金券(図書カードとか?)じゃ味気ないし・・だからって何がほしいかわからなーいっっ。

みいちゃん♪

> そんなときは、あなたのことを思って選んでいるこの時間もプレゼントよ♪

素敵ーーーーー!!
本当にそうですね。
選んでいる間中「相手の方へLOVE」ですものね♪

高学年男子・・・
確かに確かに・・・
私も全くイメージできないわぁ。

昔(いつ?)は文具セット(鉛筆&ノートセット)とかあげてたなぁ・・・

今は喜ばないだろうなぁ・・・
非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。