スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年の想い

Category : 日々のつぶやきを感情表現してみる
昨年、私とほぼ同年齢の友人が病気で亡くなり

お葬式で泣いても泣いても
時間は帰って来ず
悲しさはなくならず

彼の遺影を見ながら泣き続けていると、

もちろん彼は私たちが悲しむのを望んでいないと
心から理解でき

それでも苦しくて泣き続けた。


苦しくて苦しくて
泣いている最中だったけれど

本当にお葬式と言うものは
亡くなった方のためのものじゃない

残された人たちのものだと感じていた


怒りと悲しさが体から抜けて行って欲しい

何度お願いしても、お葬式の中では無理だった


あぁ、私が大切に思っている心理学とは、
生きている方々にしか使えないのだ

ドシンと心にそんなメッセージが・・・


悲しいお別れは必ずやって来てしまうのだ
泣いても泣いてもやって来てしまうのだ



お葬式の後は友人と
「悲しくて悲しくて日々を過ごすのが辛い」
と、気持ちをお互いに話しながら
1日1日をやり過ごした

彼の存在への感謝の気持ちと
また、怒りと悲しさと
そしてまた、思い出への感謝と
悲しさと
かわるがわる出て来ていた

それでも
私の1日1日は、本当に優しく過ぎて行き
生きて行くことができている


がむしゃらに前に進むのが全くできない日々

自分にできることをできる分だけまっすぐにやって行こう

その気持ちが、心理学に携わる今の活動に反映している
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

椎奈アキ

Author:椎奈アキ
「楽しく心をスキルアップ『cocorotte (こころって) 』」代表
心理カウンセラー・心理トレーナー

1971年生まれ・大阪府在住・香川県出身

カウンセラーとして活動する中で、
「セクシャルマイノリティのための『こころ☆ふれあいルーム』」
大阪・名古屋で開催中。

感情表現をお笑いに変えることに生きがいを感じる。
(しかし、よくすべる&関東ではウケない)

時々出て来る「ジュエルっ子」は夫です。


2008年6月に『Happy Day Weddings』を通して、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をしました。

現在の夢は、2人で子どもに関わり、健全に社会に送り出してあげる事。
さあ、私達に可能かな??

詳細プロフィール

私にとって、マイノリティはいつも身近なものでした。
ぜひ皆さんのマイノリティな人生のカタチを教えてください。

メール・コメント・トラックバック大歓迎です。



Facebook・Twitter・mixiへもどうぞお越しください。

follow me






FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
リンク
過去ログ
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。